パソコン活用で絶対覚えておくべき事【画像保存編】

パソコンを使うなら絶対にやったほうがいいのが、画像の編集です。
写真の修正や、オリジナルのデザインは、やってみると案外手軽にできて何より楽しいのでハマってしまいます。

やり方としては、まずパソコンに写真や画像のデータを取り込んで、それをソフトで編集して保存するという流れです。
そこで、まずは画像の保存を確実に覚えておきましょう。

写真や画像の保存方法の手順はスマホからなのか、デジカメやビデオカメラなどからか、インターネットからなのかで違います。 ここでは、例として、インターネットから画像を保存する方法を説明します。

3つのポイントをルール化すれば画像保存がスムーズになる

「画像保存なんて余裕でしょ?」 なんて声が聞こえてきそうですが… 確かに画像保存は誰でもできます!でも、お気に入りの写真や画像をポンポンと適当に保存しているとパソコンが画像だらけでゴチャゴチャになります。 ヒドイ場合は、保存した画像を忘れてしまうほどに大量の画像データに埋もれてしまいます。 せっかく画像を編集しようと思っても、いちいち探す手間なんてないほうがいいですよね?

画像保存の基本手順

まずは、画像保存の基本的な手順ですが、とても簡単です。 【Windows】【Mac】それぞれにやっていきましょう!

【Windows】

①:まずホーム画面で[マイクロソフトエッジ]をクリックすると検索画面が出ます。

②:好きなキーワードを入れてネットで画像を探します。

③:気に入った画像があったら画像に矢印を合わせて[右クリック]

④:[名前をつけて画像を保存]をクリック

⑤:[保存]をクリック

これで完了です!

【Mac】

①:ホーム画面で[Safari]をクリックすると検索画面が出ます。

②:好きなキーワードを入れてネットで画像を探します。

③:気に入った画像があったら画像に矢印を合わせて[2本指クリック]

④:[名前をつけて画像を保存]をクリック

⑤:[保存]をクリック

これで完了です!

画像保存をスムーズにする3つのポイント

画像保存で気をつけるのは、キチンと整理しながら画像を溜めていくことです。 これを気にするだけで、画像や写真の量が増えてもどこに何があるか迷わなくなります。

手順が簡単だからこそ、ルールを決めて保存していくことで、整理整頓の手間はなくなります!

ポイント①:保存先を決める

まず、どこに画像を保存するのかを決めておくことが重要です。 例えば、パソコンの場合、何も設定していないとネットから保存した画像は【ダウンロード】というフォルダに保存されます。これだと全ての画像が同じ場所にどんどん保存されてしまいます。 だから、どこに保存するかを自分で決めておくと、ジャンルごとだったり、日付ごとだったりでまとめて保存することができるので、保存した瞬間に振り分けができています。

ポイント②:フォルダで分ける

保存場所としてフォルダを活用しましょう。 ↓フォルダ活用についてはこちらを参考にして下さい。 例えば、【画像】というフォルダを作ってその中にジャンルごとのフォルダを作りさらにその中に【4月】というフォルダを作るなど、フォルダで細かく分けることが可能です。ちょっと手間に思うかもしれませんが、後で大量のデータの中から探す手間に比べたら全然楽勝です! 例えば、1000人がいるパーティー会場で友達を探すのと、1000人が泊まっているホテルで友達を探すならどちらの方が楽ですか?イメージとしてはそういうことなのです。

ポイント③:画像に名前を付ける

これがとても大事!ネット上の画像には様々な名前がついていて、数字と英語が並んでいるような分かりにくい名前もたくさんあります。これを保存する時に自分がわかる名前に変えておきましょう。一度に何枚もの画像を連続して保存するとフォルダにまとめたとしても、似たような画像が大量にある場合もあります。そんな時でも、一枚ごとに名前を付けてあれば迷う心配がありません。 画像の名前に0420など日付を入れておくと目印になるのでおすすめです。

 

まとめ

パソコンがあればお気に入りの画像やデザインは何気なく保存してしまいます。
後でデータが増えて「古いデータを消したい」なんて時には、きちんと整理整頓しておけば、サッとフォルダごと消去することもできます。

今回の流れを整理してみると…
①:保存先を決めておく
②:フォルダで分けて管理する
③:画像には名前を付けておく

この3つのポイントをしっかりルール化しておきましょう!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます