意外と知らない!?WindowsとMacの違いとは?

パソコンを用意しようと調べてみると「Windows(ウィンドウズ)かMac(マック)のどちらにするべきか?」という最初の分かれ道にぶつかります。

そこで、パソコンを購入するにあたって、目安となるWindowsとMacの違いはザックリと頭に入れておきましょう!

雰囲気で決めない!WindowsとMacの4つの違い

パソコンを買おうと家電量販店などに行くと店員さんに必ず聞かれる質問があります。

「WindowsですかMacですか?」

しかし、よほどパソコンを使い慣れていたり、普段から好きで気にしていないといきなりそんなこと聞かれても良くわかりませんよね?結局わからないまま何となく言われるがままに予算的に合うものを購入してしまう…というパターンが多いと思います。

もちろん、どちらを選んでも不正解でもなければ失敗でもありません。ただ、せっかくちゃんと使うものだったら自分でわかって選びたいですよね。

それぞれに特徴があるWindowsとMacですが、わかりやすい4つの違いをしっかりと覚えて置きましょう。

①OSの違い

まず、OSとはOperating Systemの略です。簡単に言えば、コンピューター全体の管理、制御をしてくれて人間が操作できるようにしてくれています。これは、コンピューターが使われているもの全般(例:洗濯機や家電など)には基本的にOSが入っています。

パソコンの場合は、OSで有名なのがマイクロソフト社のWindowsApple社のMac OSになります。一般的に家電量販店などでも、パソコンを買おうとすると、ほぼこの二択と言っても過言ではないと思います。

Windowsマイクロソフト社がOSを開発していて、パソコン本体は自社以外にもパナソニックや富士通など、日本メーカーも含めて様々な会社が製造しています。

Mac OS:Appleの場合は、OSの開発からパソコン本体までを一貫して自社生産しています。

②ソフトの違い

WindowsかMacかで一番違いが分かれてくるのが、このソフトの違いという点です。

簡単に言えば、ビジネス向けのソフトはウィンドウズ向けに作られている場合が多いので、会社などで使われているパソコンのほとんどはウィンドウズです。しかし、音楽、映像、開発など、クリエイティブ向けなソフトにはマック向けに作られている物も多くあります。音楽制作の現場や、映像制作の現場にはマックが溢れています。基本的なOfficeソフトはどちらも純正のものがあったり、それぞれで共通に使えるので、基本的な部分での不便はそれほどありませんが、パソコンで何をしたいかによって、どちらを選ぶかが決まってきます。

ちなみに、デザインや音楽などクリエイティブに使いたい人であれば、デザイン面も含めてマック一択になると思いますが、日本でビジネス向けに使うのであれば、ウィンドウズが無難になると思います。

最終的には好みやフィーリングが大事になってきますが、より直感的に使えるという点でマックのほうがパソコンをカスタマイズする自由度は高いと感じます。

③操作性の違い

操作性もかなりハッキリと違います。

ウィンドウズとマックでは、キーボードのボタン配置も違ってきます。文字入力の配置は同じですが、似たような機能でもボタンの呼び名が違ったり配置が違ったりします。

大きく違う点としては、トラックパッドと呼ばれる、キーボード手前部分に埋め込まれている平らな大きなボタンです。指を滑らせて画面上の矢印を操作しますが、この性能はハッキリと違いが実感できます。マックのトラックパッドは性能が高く、滑らかでスムーズに反応するため、マウス無しで使っている人がほとんどです。一方、ウィンドウズの場合は、マウスで操作している人が多いことからもハッキリとした違いがわかります。

マックは直感的に操作しやすいと言われるのはこの辺りも大きく関係していると言えます。

マウスを使いたくない人はマック、マウス操作に慣れているという人はウィンドウズを選ぶと違和感なく使えると思います。

④価格の違い

予算に合わせて選ぶならウィンドウズ、予算が明確なのがマック。

ウィンドウズのパソコンは、様々なメーカーが本体を作っていることもあり、色味や形もバリエーションが豊富です。サイズ感や質感もいろいろ選べる良さがあります。しかも、価格帯もピンからキリまであるので、高性能のものから、必要最低限で低価格の物まで幅広くラインナップされています。

一方でマックの場合、AppleでOSからパソコン本体まで一貫して製造しているので、本体デザインは統一化されています。価格も、グレードによっての違いで明確です。そのため、ウィンドウズの低価格帯のモノに比べると高く感じるかもしれませんが、スタイリッシュなデザインや性能の高さ、ブランド力を考えると、その価値は十分にあると思います。

ただ、使い勝手などを考えると、価格の高い安いだけで判断してパソコンを選ぶのは、個人的にはあまりおすすめしません。価格を事前に調べて予算を準備した上で、どちらにするか決めれるようにしておくことが大事だと思います。

最後に

ウィンドウズにするかマックにするかは、自分がどんなイメージでパソコンを使いたいかによってかなり違うということは分かったと思います。どっちがいいか?というよりは、どっちが自分に合っているかを考えてみるほうがスムーズかもしれません。 両方使っている人間の素直な感想としては、どちらも特徴に合わせて使い分けるとものすごく頼りになる相棒です!

個人的には、書類関係や文章作成などがメインなら安定のウィンドウズ、デザインや動画作成など、遊び心も入れて楽しみたいなら可能性を秘めたマックというのが僕の印象です。

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます